若ハゲとニキビに悩む20代の体験談

 

現在、20代ですが頭皮の一部がはげ上がり、いわゆる「若ハゲ」状態になってしまいました。

 

また、中学生のときに、思春期のニキビで顔全体にニキビができました。

 

特に鼻やおでこ、鼻横の頬にできました。

 

化粧をしない年齢だったので隠せず肌が汚い自分が嫌でした。

 

薬用のファンデーションをつけて隠そうとしていました。

 

高校生になると次第にニキビも減って、基本的なお肌のケアをするようになって肌のおうとつもなくなっていきました。

 

しかしストレスによるニキビがこめかみによくできて跡が残っています。

 

化粧するようになってから乾燥や皮脂が気になってきました。

 

化粧がくずれやすくなり肌のテカリも気になりました。

 

特に鼻や鼻横。

 

 

 

若ハゲに悩む20代の体験談

対策として、若ハゲに関してはシャンプーを刺激性のない物に変えつつ、頭につけるものも、無添加の物に変えました。

 

痒みはかなりマシになったので、そのまま様子見です。

 

そして、肌を隠すためと、テカリを防止するためにファンデーションを厚塗りしてしまいます。

 

さらっとした透明感のある肌にしたいです。

 

肌の状態に合わせて化粧品を使い分けています。

 

乾燥しているところは保湿成分のあるもので化粧水と乳液や美容液、オイリーなところはさっぱりとした化粧水のみをつけるようにしています。

 

その日の肌トラブルによって、酵素パックをしてピーリングしたり、クリーム状のパックをしたり肌に合うようにしています。

 

今はニベアの青缶を顔にたっぷりつけてまずは乾燥しないようにしてます。

 

ファンデーションにもニベアを混ぜて乾燥しないようにしています。

 

食事は野菜や果物をとるようにしてます。

 

乳製品、豆製品も毎日とっています。

 

肌に水分がなくならないように、ミネラルのあるものを摂取したり、肌にも水分を入れるように水洗顔を肌の状態に合わせて行っています。

 

 

妊娠を控え、肌荒れと一部脱毛に悩んでいます。

 

 

20代前半から薄毛が気になりました。

 

職場のストレスと遺伝も合わさって一部に髪が生えていません。

 

この年でハゲに直面するとは思わずショックでした。

 

そして、20代後半頃から、頬、鼻筋の辺りの小さなシミが気になり始めました。

 

気になり始めた当初は、薄っすらした茶色だったのが、だんだん濃くなり、小さなシミも徐々に増えている気がして悩んでいます。

 

現在、妊娠中で出産後にシミが濃くなったりという症状があると聞き、今あるシミもこれ以上濃くなったりするのではないかと不安に思っています。

 

また、私の母親もシミでかなり悩んでおり、私と同じ様な肌質の為、これから先シミと戦う日々になりそうだなと思ってしまいます。

 

今後は、化粧で隠したりせずファンデーションいらずなシミがない肌になりたいと思う反面、完璧にシミ消す事はできないと思うので、出来る限り薄く小さく、これ以上シミが増えないようにしていけたらいいなと思っています。

 

これから、子供も産まれるので、子供の為にも、早めにシミのケアを始めて綺麗な肌でいたいと思います。

 

妊娠後に髪の毛が抜けやすくなるとも聞いてるので髪もケアしたいです…

 

 

将来に向けて行っている対策術について

 

若ハゲに悩む20代の体験談

今あるシミを増やさない対策として、外出する場合は夏など季節を問わず日焼け止めを塗ってから化粧をするようにしています。

 

また、乾燥や摩擦がシミを濃くし、増やす原因と聞いたので、洗顔はゴシゴシ洗わずに優しく泡で洗うように心がけています。

 

今は、ビタミン剤などのシミを薄くする為にサプリを服用する事はできないので、化粧水や乳液で対応しています。

 

化粧水と乳液は、美白効果があるという資生堂のナビジョンという商品を使用しています。

 

洗顔後は、乾燥肌のため化粧水や乳液をすぐにつけないとパリパリと突っ張った感じになるのですが、この商品を使用してからは保湿もしっかりされるので乾燥にあまり悩まなくなってきました。

 

シミ自体はまだまだ根深くいますが、肌のトーンは少し明るくなってきた気がします。

 

また、髪に関してはマッサージをしています。

 

効果はそこまで出ていないので育毛剤購入も検討中。